スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

惜しいドロー・・・東京戦!!【J特】

ベストメンバーが揃った今日のFC東京戦!!

スカパー観戦の農家民太郎は、テレビに釘付けです。

ミシェウヨンチョルのコンビネーションに期待でしたね

☆試合内容

立ち上がりは、東京のペース。
右サイドの石川から崩される場面が何度もあります。
球際も厳しく、なかなかボールを持たせてもらえません。

コーナーキックからの危険な場面が続きますが、ここは守護神東口のナイスセーブ。危ない・・・

DSC01561_R.jpg

しかし、相手がボールをキープする時間が続きます。
前線でのコンビネーションも、今一つ・・・最後のパスが繋がりません。

相手の早い攻撃に、守備が付いていけない場面がありますが、最後の砦、東口がゴールを守ります。

前半20分 相手DFに囲まれながら、ヨンチョルがシュートも、ゴールマウスを捉えることができず。

お互い攻め喘いでカウンターの応酬。一進一退の攻防が続きます。

少しづつ新潟がペースを掴み始め、前半27分 ヨンチョルの積極的ミドルシュート!!おしい・・・

前半32分 相手カウンターにも落ち着いた守備で、オフサイドを取っていきます
そして相手の決定力の無さにも助けられます

相手が引いて守り始め、ボールをキープできる時間が続きます。

また、相手のカウンター攻撃にもミスに助けられます・・・

前半終了間際の45分 ゴール前に突進したマルシオが倒されFKを獲得

DSC01560_R.jpg

来たあ・・・・
左隅に見事なFK 凄いぞ マルシオ!!
FKからの今季6点目は、J1新記録です

そして300メモリアルゴールもやはりマルシオでしたね

そのまま1?0のリードで前半終了!!

DSC01559_R.jpg 


後半は、立ち上がりから東京の攻勢が続きます。

石川の強力シュートも枠の外 

後半10分 東京は、早々に羽生リカルジーニョ に交代すると、そのリカルジーニョがスピードあるドリブルで攻め込み始め対応が遅れはじめますが、DF陣が何とかはじき返します。

後半14分 大島が肩から落ちて、痛めたとして大島小林に交代。
ヨンチョル三門のポジションを前に変更します。

その直後、ゴール前の平山永田に倒されたとしてPKを与えてしまいます・・・
決められて1?1 の同点。

その後、流れか完全に代わりました。押しこまれる時間帯が続きます・・・

新潟のカウンター攻撃では、ゴール前でマルシオがファールを受けてFKを獲得するも、壁に跳ね返されます。

後半30分 平山との1対1に、東口超ファインセーブ!!

相手の攻勢が続くも、大黒のヘディングが枠外など、ミスにも助けられます。

後半33分 千葉鈴木に交代

後半38分 石川松下に交代です。わんちゃん久しぶり!!
結婚おめでとう!!

DSC01562_R.jpg

新潟がボールをキープするもシュートまで行けない時間帯が続くと、後半41分に 三門亜土夢に交代

ようやくヨンチョルが久しぶりのシュートも枠外です。

ロスタイム3分

ヨンチョルの突破にたまらず相手DFがファール

マルシオのFKに最後のチャンスか
しかし、キーパーがガッチリキャッチ・・・
その後も攻勢が続きます。

最後の最後、ロスタイムもほぼ無い状況で、ゴール前に突進した大伍が倒されてPK獲得・・・・
リカルジーニョにレッドカード

DSC01563_R.jpg

最後のチャンス!!キッカーは当然マルシオ・・・行けー

が、しかし・・・ キーパーに弾き返され、そのままタイムアップ・・・

DSC01564_R.jpg 

ああああ・・・・・
勝ち点3が、逃げていきました・・・

悔しい・・・1?1の引き分けとなりました。

全体的に、攻め手を欠いたこの試合は、マルシオが勝ち点1を取ってくれた試合でもありました。

相手のミスにも助けられた場面も多くあり、勝ち点1をアウエーで取れたことは良しとしなければなりませんね。


参戦された皆さま、お疲れさまでした。


ボール8ボール8ボール8   

ブログランキングに参加中です。
  ポチッ!ポチッ!と応援お願いします。  

人気ブログランキングへ    
 携帯はこちらから ⇒ 人気ブログランキングへ

にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ 
携帯はこちらから ⇒
にほんブログ村       

関連記事

web拍手 by FC2
テーマ:アルビレックス新潟 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。