スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

マルシオの代役・・・

20091126.jpg 
(スポニチ)

マルシオの怪我が良くないようですね。どんななんでしょうか???

昨日の練習にも参加していないようです・・・ ん? 心配・・・

代わって同ポジションには、チョ・ヨンチョルが入ったようです。

「今凄く調子がいいので、試合に出たら自分の力を100%出せる」と力強いコメントを残していますよ。

多少のリップサービスは有ると思いますが、今のチーム状況を考えてとても嬉しい言葉ですよね。


☆次々と負傷者・・・

大島が、背中の張りを訴えて途中でピッチを去ったそうです。

また、永田が左足首を負傷、練習後足を引きずりながらクラブハウスを後に・・・

次々と不安要素が・・・


☆今こそ

選手とて生身の身体、怪我をすることは当然ありますよね。

これを逆に自身のチャンスと捉えて闘う選手がどれだけいるのか、サブ組としてくやしい思いをしている戦士に期待したいです。


☆気持ち

私は気持ち(メンタル)が競技スポーツにとって相当重要であると思っています。

気持ち論に批判的な意見を良く聞きますが、サポについてでは無く、選手についてです。

勝利への執念、闘争心は、気持ちで負けていたら絶対に勝てません。


私は、競技スポーツこそ違いますが、コーチから「練習は上手いんだが、試合になると勝てないのはなぜか」と良く問われてました。

原因は気持ちです。メンタルが弱く、試合になると練習してきたことが出せなくなるんです。

心の奥底で、ミスの不安、敗戦の不安が頭を過ってしまうんです。
身体が硬くなってしまうんです。
相手と闘う前に自分に負けてしまうんです。

克服するために、何度もメンタルトレーニングを受けました。

結果、今では元国体選手から、ようやく「メンタル強くなったね」って言われます。

試合では自分以上のものは出ませんが、練習してきたことが試合で有る程度出せるようになりました。

私的過ぎてすいませんm(__)m


とにかくハートは重要だと思います。

自分をコントロールできるか。特にプロ選手ともなれば尚更です。

その気持ちが、闘うチームを作ると思うし、プレーにも現れます。

そしてサポーターにも届くものだと信じています。

今年のアルビがアウエーに強いのは、プロとしてハートが強い証拠です。

相手の本拠地に乗り込んでも、雰囲気にのまれることなく堂々とアルビのサッカーができていますよね。


次にサポーターについても多くのことを聞きますが、結構アルビサポがアルビサポを批判していることがあって、新米サポの私が不安になります。

選手とは違って応援のプロではないわけですので、色々なサポがいて当然だし、楽しみ方は人それぞれ有ると思います。

老若男女、皆違いますよね。

サポとはこうあるべき、みたいなのを偏った気持ちで批判するのは私は好きではありません。

確かにゲーム中選手を批判したりする人はいます。

良いプレーに拍手を送り、悪いプレーには指摘をする。それは叱咤激励として選手を後押ししているものだと思っています。

皆それぞれ表現方法は違うかもしれませんが、スタジアムまで足を運んで選手を後押しする気持ちは一緒ですよね。

他人に迷惑をかけるような行き過ぎた行為は、当然×ですがね・・・

アルビサポは、他チームに自慢できることが数多くありますし、自チームが勝ってもブーイングしたりするサポとは違うと思っています。


残り試合、チーム・サポが一丸となって闘おう!! \(^o^)/



 ボール8ボール8ボール8

 
ブログランキングに参加中です。
 ↓ ポチッ!ポチッ!とお願いします。励みになります。m(__)m...

ブログランキング 
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ
にほんブログ村

関連記事

web拍手 by FC2
テーマ:アルビレックス新潟 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。